染錦梅に鶯文蕎麦猪口(藤吉憲典)

小学校でやきものの話をしてきました。

こんにちは!ふじゆりです。

小学校の先生から
社会科で「やきもの」の勉強をしたので、「やきもの」の話をしてもらえませんか?
というご相談をいただきました。

福岡県の地域と産業の学習で、東峰村(旧小石原村)の小石原焼について学習したそうで、
この機会に関連する話を聞くことができれば、子ども達の理解も深まるのでは、ということでした。

ここの小学校ではことあるごとに地域の大人を「ゲストティーチャー」として招いて
子ども達の学習を深める機会を設けています。
やきものの話で少しでも子ども達の役に立てるならば喜んで!です。

つくり手であるダンナの話を期待されていたいたのは重々承知のうえでしたが、
ダンナに「たくさんの人の前で話をする」ことを期待するのは厳しく、わたしが話をすることに。

うちのやきものは、何焼きかと問われれば、有田焼。
子ども達は小石原焼の学習をしたということでしたので、
ふたつのやきものを関連付けて話をするとわかりやすいかなと、いただいた45分間を組み立てました。

●有田焼と小石原焼の違い・・実物鑑賞、つくっている場所の確認、材料(原料)・つくり方の違い
●焼き物の歴史のなかでの有田焼と小石原焼のつながり
●制作工程のお話・・ロクロ、絵付けの線描き、絵付けの色塗り(ダミ)の様子の動画

120人ほどの小学校4年生。
実物を手にとって観てもらうときには、やきものはワレモノであることを最初に強調。
割れないようにするにはどう扱えばよいかを説明すると、皆そのとおりに扱ってくれていました。

九州の地図と朝鮮半島・中国大陸との位置関係を見てもらいながら、やきものの歴史を説明し
最後に、作っている様子の動画を見てもらいました。

やはり、実際に作っている様子を見るのが一番インパクトがあったようで
あっちこっちから「すげー!」という声が上がりました。

終わってみれば45分はあっというま。
子ども達がおしゃべりしたり、騒がしくなることもあるかもしれないな、という事前の予想は裏切られ、
みんな最後まで集中して静かに話を聴いてくれたのが印象的でした。

おかげさまで楽しい経験でした(^^)

投稿者:

ふじゆり@花祭窯

磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の花祭窯(はなまつりがま)の内儀(おかみ)ふじゆり によるブログです。