藤吉憲典

イタリアに思いをはせてみた。

こんにちは。花祭窯・内儀(おかみ)ふじゆりです。

イタリアに思いをはせてみた。

福岡県の出先機関である福岡アジアビジネスセンターが開催した「欧州ビジネス相談会」に参加してきました。名前に「アジア」とついていますが、アジア地域以外についてもフォロー体制があり、海外展開においてアドバイスを求めたいとき、気になるセミナーがあるときなどに、ときどきお世話になっています。

今回は、イタリアの専門家として福岡で仕事をしている方と、イタリアからいらっしゃっている女性に、いろいろとお話を聞くことができました。

彼女たちと話をしていて、とても感動した言葉がありました。

「わたしたちイタリア人は、生活の基盤に芸術を欲しているのです」

彼女たちはアート関係の仕事をしているわけではなく、彼女の話し方からも、それは特別なことではなく、イタリアはそんな国なのだという誇らしさを感じました。

その後も「手づくりの一点もの」に高い価値を置く、「アルティスタ・アルティザン(感性と技術力を持ち合わせた芸術家)」が尊敬を集めるなど、ワクワクするような言葉が続き、これはぜひイタリアに行かねばと思いをはせたのでした。

 

投稿者:

ふじゆり@花祭窯

磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の花祭窯(はなまつりがま)の内儀(おかみ)ふじゆり によるブログです。