FIVE CERAMISTS in LONDON

ロンドンのギャラリー SLADMORE CONTEMPORARYのこと。

こんにちは。ふじゆりです。

5月5日から5月27日まで、ロンドンのSLADMORE CONTEMPORARY ギャラリー
FIVE CERAMISTS なるエキシビション。ダンナ・藤吉憲典も参加しています。

20160505sladmorecontemporary

ロンドンではちょうど5月に London craft week なるものが開催され、
そのタイミングにあわせての企画展です。

日本人である藤吉、北米の女性アーティスト、英国の男性アーティストお二人、韓国の女性アーティスト、という顔ぶれ。皆、SLADMORE CONTEMPORARY の作家です。

そもそもどうしてここに藤吉が入っているのか。
そのお話を今日はしたいと思います。

2013年から、藤吉憲典は海外ギャラリーへの展開を視野に入れはじめました。

2014年5月にロンドンのSAATCHI GALLERY で開催された COLLECT というアートフェアを視察。
COLLECTには、工芸とアートを融合していくものに価値を見出すギャラリーが集まっていました。
工芸とアートの融合。ちょうど藤吉が取り組んでいるもの、そのものです。

帰国してから、視察で得た情報をもとにアートフェアに参加していたギャラリーについてあらためて調べ、
そのなかで、藤吉のつくるモノと価値観を共有できそうなギャラリーを3軒ほど見つけることができました。

同年秋、ふたたびロンドンへ。
このときは、COLLECTからピックアップしたギャラリーにあらかじめアポイントをとりました。
このアポイントに応じてくださったのが、SLADMORE CONTEMPORARY のオーナーGerryでした。

アポイントさえ取れたら、あとはもう作品をみてもらうだけです。

気に入るか、気に入らないか。
ギャラリーに合うか、合わないか。

とってもシンプル。

そして、Gerryはとっても気に入ってくれたのです。
「わたしのギャラリーの常連さんたちは、ケンスケの作品を必ず気に入るよ!」と
即決でお付き合いがはじまりました。

ロンドンのギャラリーは、作品そのものの価値を評価してくれました。
2015年5月、1年前に視察に行ったCOLLECTに、SLADMOREのアーティストとして参加する機会を頂き、
そして今年2016年5月、ギャラリーでの企画展の機会を頂いたのでした。

来年2017年5月には、いよいよ単独での個展の機会を用意していただいています。

頂いた機会に応える方法はただひとつ、
その時点でできる最高の仕事をして、かたちにして、お届けすることです。

 

“FIVE CERAMISTS” は2016年5月27日まで。
ロンドンにお住まいの方、ロンドンに遊びに行くご予定のある方、ぜひお立ち寄りくださいませ。

投稿者:

ふじゆり@花祭窯

磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の花祭窯(はなまつりがま)の内儀(おかみ)ふじゆり によるブログです。