ロンドンナショナルギャラリー

ロンドン3日目 ナショナル・ギャラリーと交通博物館

こんにちは。花祭窯・内儀(おかみ)ふじゆりです。ダンナ・磁器作家 藤吉憲典の個展(Sladmore Contemporary @London)に伴うロンドン滞在レポート。

ナショナル・ギャラリーと交通博物館

ロンドン訪問の愉しみは、ミュージアム巡りです。ミュージアム巡りは仕事でもあり趣味でもあり。入場料無料(志による寄付制)のところがとても多いので、気軽に何度も足を運ぶことができます。

前日の個展オープニングのときにも、お話していたご婦人から「ロンドンをたくさん楽しんで好きになってほしいから、『London Free』で検索して情報をゲットしてね!」と言われたのでしたが、まさにそのひとつがミュージアム。

この日はコヴェント・ガーデンから徒歩圏内のナショナル・ギャラリーと、交通博物館(こちらは大人は有料です)へ行ってきました。

ナショナル・ギャラリー National Gallery

2,300点を超える西欧絵画コレクションを所蔵するギャラリー。ルネサンス期の宗教画が豊富なイメージがありますが、印象派~19世紀の名画も揃っています。とても広く、1日で観終わる気がしませんので、今回は半日と時間を決めて回りました。

ロンドンのミュージアムではよく見かける景色なのですが、今回もたくさんの小学生が美術館で学習していました。アンリ・ルソーのトラの絵の前に陣取った低学年と思われる子どもたち。先生の問いかけに対して、我も我もと絵の解釈を発表する子どもたちの姿の楽しそうなこと。こんなふうにあたりまえに鑑賞を楽しむ習慣が身についていく環境があるのが、素晴らしいなと思いました。

交通博物館 London Transport Museum

ロンドンの地下鉄やバスの歴史がわかる博物館です。歴代の2階建てバスが実物そのまま展示される広い空間。地下鉄の運転シュミレーターも数種あって、順番待ちのできる人気ぶり。乗り物好きの文化は日本の鉄ちゃんに限らないのですね。

こちらは大人は入場料を取られますが、子どもは無料。ということで、やっぱり小学校から学習に来ている団体がありました。馬車から地下鉄・バスへの変遷を体感できるだけでなく、展示空間内に交差点があって信号の渡り方のレクチャーがさりげなく織り込まれてあったり、子ども向けの工夫が随所に。ミュージアムショップは入場券を買わなくても入ることができます。

 

投稿者:

ふじゆり@花祭窯

磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の花祭窯(はなまつりがま)の内儀(おかみ)ふじゆり によるブログです。