津屋崎千軒井戸端会議

こんにちは!ふじゆりです。

三寒四温。
本日はぽかぽか陽気でした。

花祭窯前から海を臨む
津屋崎千軒の路地から見える海。毎日表情が変わります。

この景色が嬉しくて、ついつい玄関先に出てしまいます。

もうひとつ、津屋崎千軒の路地の楽しみは

井戸端会議

ご近所のおじちゃん、おばちゃんが
日当りの良い路地にベンチを出して
ひなたぼっこしながらおしゃべりしています。

お日さまの向きにあわせて
午前と午後とでベンチの位置が変わります。

井戸端会議のおじちゃん、おばちゃんは
子どもを持つ親にとって
とても心強い存在。

なにかと子どもたちに声をかけてくれるし
外を走り回って遊んでる子らが
悪いこと、危ないことをしたら、叱ってくれます。

そして、花祭窯にとっても心強い存在。
入り組んだ路地で迷子になってしまうお客さまをみかけたら
うちまで案内してくださいます。

路地で井戸端会議。

津屋崎千軒の自慢の風景です。

投稿者:

ふじゆり@花祭窯

磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の花祭窯(はなまつりがま)の内儀(おかみ)ふじゆり によるブログです。