伊達政宗

続・仙台。青葉城編。

こんにちは。花祭窯・内儀(おかみ)ふじゆりです。

仙台に行ってきました、青葉城編。

人生初の東北。もちろん地震後、初めてでもありました。飛行機が仙台空港への降下をはじめると、海~沿岸部が見えました。あちらこちらから土煙が上がっている様子も見えました。頭を下げて黙とうしました。

今回は大きな目的であった宮城県美術館ともうひとつ、仙台城跡(青葉城跡)に行って伊達政宗公の騎馬像に会うという目的がありました。

残念ながら仙台市博物館は休館中でしたので、今回はフィールドを満喫することに。地下鉄の仙台国際センター駅から徒歩で向かいました。

三の丸跡にある仙台市博物館の周りには、さまざまな銅像や記念碑があり、それらを観て回りながら、城跡へと近づいていきます。石段や山道っぽい坂を上っていくと、ところどころに地震の後の復旧の様子を記した立て看板。熊本地震のあとの熊本城にも行きましたが、仙台城跡にも被害の痕跡が。息子と一つ一つ確認しながら進んでいきました。

山道から大きな道路に出ると、目の前に急勾配の急カーブ。うわ~!これを登るのかと思いながら「これは攻めにくい城だっただろうね」と聞いてみると、戦国武将マニアの息子から帰ってきた返事は「だけど青葉城は実際は戦乱には巻き込まれてないんだ」と。なるほど。

息を切らしながら坂を上っていくと、立派な石垣が目の前に現れました。

青葉城

ここからさらにぐるっとひと登りして辿り着いた先に、騎馬像の政宗公がおられました。標高120メートルの山のうえから眺めると、広瀬川がお堀のようになっているのがわかり「立地を生かした山城」であることがひしひしと感じられました。

無事目的達成で、嬉しい初仙台となりました。

 

 

 

 

投稿者:

ふじゆり@花祭窯

磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の花祭窯(はなまつりがま)の内儀(おかみ)ふじゆり によるブログです。