週末朝のお楽しみ。

こんにちは!ふじゆりです。

津屋崎での暮らしをきっかけにはじめたことがいくつかあります。
そのひとつが
週末のお楽しみ「論語を声に出して読もう!」。

「国語の先生かなにか、なさってたのですか?」とのおたずねをいただくことがありますが、
いえいえ、自分が読みたくて、思いつきではじめたものなのです。

多久聖廟の「よみかき論語」
週末朝のお楽しみ「論語を声に出して読もう!」

文字通り、声に出して読むだけなのですが
これがかなり面白いのです。
教科書は佐賀県多久市にある孔子を祀った多久聖廟で手に入れた
「よみかき論語」。
http://www.ko-sinosato.com/

論語の素読が終わったら、次は書道です。
こちらもまた堅苦しいことなく(あるいは、くだけすぎなくらい!)
その日により、かなの練習をしたり、一句詠んだり、自分の名前を練習したり。

大人も子どもも、興味を感じた人が、時間を作っていらしてくださるのが
津屋崎の嬉しいところ。

もともと自分たちの楽しみではじめたので
家族以外に参加者がなくても、同じように行うのですが
毎回いろんな方がいらしてくださるのが、ワクワクの種になっています。

週末朝のこの時間、嬉しく楽しく贅沢な時間です。

投稿者:

ふじゆり@花祭窯

磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の花祭窯(はなまつりがま)の内儀(おかみ)ふじゆり によるブログです。