藤吉憲典 染付輪繋ぎ文縁錆片口

銀座黒田陶苑 藤吉憲典個展-肥前磁器の美(6)

こんにちは。花祭窯・内儀(おかみ)ふじゆりです。

銀座黒田陶苑 藤吉憲典個展-肥前磁器の美(6)

染付輪繋ぎ文縁錆片口 藤吉憲典

藤吉憲典 染付輪繋ぎ文縁錆片口

本日は終日、個展に持っていくものをリスト化して梱包する作業に追われました。第一便を出し終えて、ホッとしています。

磁器のうつわの見どころは、使い勝手の良さは当たり前として、形の美しさと、絵付の美しさ。現在花祭窯では電気窯を使用していますが、電気窯やガス窯は、火のコントロールが比較的やりやすいのが最大の利点です。おかげで窯での焼成の段階で大きな失敗をすることは減っています。

とはいえ、火と土と釉薬と絵具の組み合わせですから、思い通りに焼きあがるかどうかというのは、やはり毎回確信を持つことができません。釉薬の感じや絵具の発色が会心のあがりだと、喜びのあまりに思わずうなり声がでます。

写真の片口は、まさにそのうなり声が出たもののひとつ。染付の藍色の発色と、生地の柔らかい白色と、縁錆のこげ茶のバランスが、ばっちり。

ぜひ、実物を手にとってご覧いただきたい上がり具合です。


ー肥前磁器の美ー
藤吉憲典 個展
2018年7月14日(土)-7月19日(木)
※16日(月)は定休日。
11時-19時

銀座 黒田陶苑 2階展示室
東京都中央区銀座7丁目8番6号
TEL03-3571-3223

 

 

投稿者:

ふじゆり@花祭窯

磁器作家・藤吉憲典(ふじよしけんすけ)の花祭窯(はなまつりがま)の内儀(おかみ)ふじゆり によるブログです。