Meet Me at Art アートエデュケーター(教育普及学芸員)の仕事。

Meet Me at Art (ミート ミー アット アート)では「アート(美術)を使って自分と出会う」をテーマに、美術を使った教育プログラム(アートエデュケーション)を提案しています。変化のスピードが速く不確実性が高い現代において、美術鑑賞力を高めていくことは、決まった解のない世界を生きるための課題解決力を磨いていくのに役立ちます。

mmaa連絡先

<Meet Me at Art 美術教育プログラム例>

対話型鑑賞法(ビジュアル・シンキング・ストラテジー)による美術鑑賞や、自分の内面と向き合う美術的コラージュ制作などのワークショップを中心に、「見る」「分析する」「解釈する」「言葉にする」トレーニングによって視野を広げ感性を磨き、想像力・創造力・表現力を育むプログラムをご提案いたします。


  • ビジネスプログラム:社内研修その他、ビジネスパーソン向けのプログラム。
  • スクールプログラム:授業の一環や郊外活動としての生徒用プログラム、指導する側である先生用プログラム、PTAのレクレーション用プログラムなど。
  • ギャラリープログラム:ギャラリー来場者向けの鑑賞眼を鍛えるプログラム、ギャラリースタッフ向けの育成的プログラムなど。
  • 親子プログラム:親子レクレーションプログラムなど。
  • 個人プログラム:ビジネスパーソンの鑑賞トレーニングプログラムなど。

※プログラム料金は内容・ご参加人数により変わります。社会的意義の高い活動、魅力あるイベントについては、特に柔軟に対応いたします。

※目的・参加者・時間に応じて企画提案(有料)いたします。ご相談は無料です。まずはメールでご相談くださいませ。

mmaa連絡先

アートエデュケーターとしての略歴

〇磁器作家である夫との結婚を機に「工芸・アート(美術)」の世界へ。マネジメントとディレクション(=制作以外の仕事全般)を担当。「作家ではないけれど当事者」として20年以上、現代の工芸・デザイン・アートの現場に立ち続けている。
〇美術を支える仕事の在り方を体系的に学ぶべく、佛教大学博物館学芸員資格課程に編入学、2013年博物館学芸員資格取得。2016年より文化庁「ふくおか博物館人材育成事業」の学芸員技術研修会に参加(2016-2021年)、2018年文化庁「大学における文化芸術推進事業」博物館マネジメント人材育成事業の研修会に参加。2015、2017、2019年ロンドンでミュージアム視察。
〇2018年Meet Me at Artプロジェクトスタート。



↓アートエデュケーターとしての最新情報↓

〇セミナーなど活動紹介・報告

〇アートエデュケーターとしての日常あれこれ

Meet Me at Artでやっていること・これからやろうとしていること=美術および工芸に関する知識の教授、美術・芸術教育情報の提供、セミナー・研修会・会議の企画開催、美術に関する講習会および美術鑑賞セミナーの企画・開催、美術・工芸・芸術に関する書籍・テキストの制作…など。