「寒たまご」をいただきに、香椎宮・鶏石神社詣で。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

「寒たまご」をいただきに、香椎宮・鶏石神社詣で。

香椎宮といえば、わたしにとっては「献茶式と野点」です。入門している茶道南方流では、香椎宮への献茶式が昭和22年から70年以上続いています。わたしにとっても秋の恒例行事となっていましたが、この2年はコロナ禍で中止となっていました。そんなわけで、とても久しぶりの香椎神宮。

JR香椎駅から香椎川沿いを上っていきます。香椎川は細い川ながら、カメがいて、コイがいて、カモがいて、目を楽しませてくれます。カモの愛らしさを愛でつつ歩けば、目の前に鎮守の緑が現れて、そのなかが香椎宮。

香椎宮

今回の香椎詣での一番の目的は、掲題内にある鶏石神社にちなんだ「大寒たまご」。尊敬する経営者・卵の庄(有限会社畠中育雛場)の畠中さんが自らいらっしゃるということで、畠中さんにのお顔を拝見しに、そして大寒たまごをゲットしに出かけたのでした。

大寒たまご

大寒に生まれた卵、というだけでも縁起が良いのに、そのうえ香椎宮でお祓いまでしてもらったという縁起たまご。初日はスタートから30分で予定分が売り切れてしまったという人気ぶり。皆さん縁起の良いものは大好きなんですね。

香椎宮には何度も足を運んでいたのに、鶏石神社にお参りしたことはありませんでした。わたしは酉年なので、ぜひお参りしておかねば!です。神社の前には黄金の目を持った鶏の像が二羽。お参りしてトサカを撫でて参りました。

香椎宮 鶏石神社

畠中さんのおかげで、久しぶりの香椎宮参りができました。昨日までの寒さが噓のように暖かく、青空が広がり、気持ちの良い参拝となりました。帰宅してお昼ご飯は、炊きたてご飯にたまごかけご飯。たいへん美味しくいただきました。

長年の懸案事項「yurinote」をつくろう。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

長年の懸案事項「yurinote」をつくろう。

花祭窯は開業から夫婦二人で運営して来ているので、ダンナの仕事(つくる)以外は、ほぼわたしの仕事です。わたしの仕事は、まさに「なんでもやさん」。一つ一つの仕事は、誰にでもできることですが、その全般がわたしの頭のなかに入っているので、わたしでないと「なにがどこにあるかわからない」状態。これではイカンと「わたしがやっている仕事」をマニュアル化しようと、これまでにも何度も思ったのでしたが、手つかずのまま今に至り。つい先日、お友だちがまったく同じ状態から一念発起して「仕事ノート」を作りはじめたという投稿を拝見して、よし!わたしも!と思ったのでした。

まずは形からということで、その仕事ノートに名前を付けることに。そのまんまですが「有里ノート」を英語で羅列して「yurinote」としました。ローマ字読みすると「有里の手」ともなり、これは良い感じ♪と悦に入ったところです。あとは、ノートを着々と作っていくべし。このブログに書くことで、自分にプレッシャーをかけます。

まずは花祭窯におけるわたしの業務の洗い出しから。


  1. ドメイン・サーバー関係
  2. サイト・ブログ管理
  3. EC(Shopify)
  4. SNS(FB、インスタ、ピンタレスト)
  5. ロンドン
  6. 国内ギャラリー
  7. 海外取引(発送・決済)
  8. 上海
  9. その他海外(台湾、北米、イタリアetc…)
  10. 会計(freee)
  11. 決済
  12. ふるさと納税

まだまだどんどん出てきそうです。随時追加。


これが出来上がれば、わたし自身にとっても、仕事内で発生する「探す」時間が劇的に減らせるはず。それだけでも無駄が大きく減るはずです。さ、がんばろう!

字幕の出来具合を左右するのは、日本語力なのだなぁ、と。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

字幕の出来具合を左右するのは、日本語力なのだなぁ、と。

『HOUSE OF GUCCI』を観てきました。と書いたのは、つい五日ほど前のことでした。何日か経って、上映期間中にもう一度観に行きたいな、と思っています。面白かったから、が一番の理由で、ディテイルを確認したいところがいくつかある、がもう一つ。実は見ていて何か所か「ん?」と思った字幕があったのでした。わたしは字幕無しで観れるような英語力は無く、「ん?」と思ったのは、単純にそのシーンに対してその日本語が合っていないと感じたから。つまり「英語→日本語訳の問題」ではなく「日本語の語彙の選択の問題」です。

そういえば友人と映画について話をしていた時のこと。わたしは映画の「日本語吹き替え版」は、子どものために作ってあるのだと思っていましたが、実はそうでもないことを教えられました。若い友人の一人は「字幕を追うのに忙しくなって、ストーリーに没入できなくなってしまうから」という理由で、日本語吹き替え版しか見ないと。

なるほど~!と思いつつも、ずいぶん前に戸田奈津子さんとおすぎさんの対談を見に行った時の話を思い出しました。戸田奈津子さんは、言わずと知れた日本での字幕翻訳の第一人者。洋画のクレジットには必ず彼女の名前がある、という時代がありました。わたしは彼女のおかげで洋画に馴染んだと言っても過言ではありません。そしておすぎさんは、多彩に活躍していらっしゃいますが、映画評論家としても有名です。そのお二方の丁々発止のおしゃべりは知的でユーモアに富んでいて、とても贅沢な時間でした。

そこで戸田さんがおっしゃっていたことに、「字幕を字幕だと意識させたら駄目」だということがありました。字幕は、その場面が映っている数秒の間に「読む」ものではなく、「見て」一瞬で意味が頭に入っていく必要があるから難しいし、面白いと。英語をどう正しく訳すかということ以上に、日本語でどう表現すればその意図が正しく伝わるかということが大切だと。加えて、1秒の間に映る日本語が何文字以内であれば直感的に伝わるとか、テクニック的なところを合わせて、何回も見直すのだとおっしゃっていました。

日本語でどう表現すればその意図が正しく伝わるか 。結局そこなのだと思います。洋画の邦題のつけ方もまさにそうですね。上の写真は映画「ゲティ家の身代金」のチラシですが、原題は「All the Money in the World」。日本語に直訳すると「世界中のすべてのお金」ですが、このままでは日本人には映画の内容は伝わりません。わたし自身、タイトルが 「ゲティ家の身代金」 だったからこそ、ゲティ家のお話なんだとわかり、即、観に行こうと思ったのでした。

今年は毎月1本の映画鑑賞を目指しています。もちろん楽しむのが一番の目的ですが、洋画なら英語学習のひとつにもなり、字幕にも注目していきたいと思います。

読書『死にふさわしい罪』(講談社)藤本ひとみ著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『死にふさわしい罪』(講談社)藤本ひとみ著

久しぶり、といっても半年ほどぶりですが、の藤本ひとみ本は、現代もの。昨年までの「一人で勝手に藤本ひとみ祭り」では歴史ものがほとんどでしたので、ちょっと変化球です。こちらもいつものカメリアステージ図書館で発見。

主人公は高校生男子。でしたので、中高生読者向けのシリーズだったかな?失敗したかな?と最初は思いました。でも読んでみたら面白い。登場人物のキャラクターや物語のなかに、たくさんの「藤本ひとみ的エッセンス」すなわちフランス近代史や音楽の要素がちりばめられていました。上の写真は、なんとなく、イメージ。

ジャンルとしてはミステリーなのだと思いますが、主人公の高校生を取り巻く大人が、エリート出世街道の窮屈な道と、そうでない自由な道とを体現していて、自分の将来をどう生きるかを考えさせる仕組みになっています。主人公自身には エリート出世街道を進むための環境が用意されていて、エリートの母や叔父、そしてその母方の兄弟のなかでは落ちこぼれの位置づけの叔父の性格や生き方が、さりげなく対比的に描かれています。つい先日読んだ『実力も運のうち 能力主義は正義か?』で語られていることを彷彿とさせました。

それにしても、主人公の高校生男子の教養博識度合いがすごい。彼のセリフ(心の声も含め)に出てくる知識の凄さに、「ほんとうにこんな高校生いるのかなぁ」と思わせられました。が、わたしが知らないだけで、きっと存在するのでしょうね。

ストーリーも登場人物のキャラクターも、ドラマや映画にしたら面白いだろうな、と思えるものでした。個性の強い登場人物ばかりなので、配役を考えるのがかなり楽しそうです。わたしならまず「元少女漫画家の老女」役を白石加代子さんにお願いしたいなぁ、などと思いつつ。

読書『野菜はあたためて食べる!』(新星出版社)堤人美著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『野菜はあたためて食べる!』(新星出版社)堤人美著

久しぶりの料理本です。花祭窯のある福津市は野菜が美味しく、週に1-2回行く農産物直売所では、いつも旬の新鮮野菜を安く手に入れることができます。ここに住んでいることの大きな喜び。今日も朝一番からたくさんお野菜を調達してまいりました。白菜やキャベツの葉ものに、ダイコンやカブなどの根菜類が美味しい季節です。上の写真は福津市にある世界遺産・新原奴山古墳群の古墳のひとつですが、この反対側にはキャベツ・ブロッコリー・カリフラワーなどの旬の野菜の畑が広がっています。

毎日の食事で野菜をたくさんとっている我が家ですが、料理の仕方はワンパターン。冬はついつい温かい鍋に頼りがちになります。「また鍋?」って言われそうよね…なんて思っていた時に、図書館の季節の特集コーナーで本書 『野菜はあたためて食べる!』 を見つけました。「野菜」と「あたためる」の最強キーワード。開けば「はじめに」のページ冒頭に「いつも同じ野菜の食べ方をしていると感じたことはありませんか?」とありました。もうまさにそのとおり!です。

60以上のレシピ集です。写真がどれもおいしそう。「オイル」「だし」「とろみ」「麵」と四つのポイントでまとめてあるのが秀逸です。そしていずれのレシピも、それほど難しくなく、「だいたい」でうまくいきそうなのも魅力です。 「オイル」「だし」「とろみ」「麵」 それぞれの使い方・味付けのコツがなんとなくわかると、ここに載っているレシピだけでなく、手元にある食材で応用を広げていくことが出来そうです。

特に「オイル」や「とろみ」は、追加するだけで料理として決まるようなところもあり、この技を使わない手はない!という感じです。そういえば料理上手な友人が「粉(小麦粉とか片栗粉)って便利よ~」と言っていたのを思い出しました。ふだんの料理だけでなく、お弁当のおかずにも応用できます。お弁当に入れる野菜こそ、ワンパターンになっていましたので、助かりました。

そういえば前回このブログで取り上げた料理本は「乾物」でしたが、乾物料理にもこの四つの技は応用できそうです。

さてお野菜。わたしがよく行くのは、あんずの里市ふれあい広場福間です。どちらも同じ福津市内ですが、置いてある農産物に地域性が反映されていて、それぞれに特徴があるのも面白いです。いずれも朝8時半のオープン。とくにふれあい広場福間は、お昼前にはほとんど無くなってしまいますので、オープン時間に合わせて足を運ぶのがおススメです。

2022経営指針書と、展覧会予定など。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

2022経営指針書と、展覧会予定など。

1月5日時点でほぼ書き上げていた今年度の経営指針書。自分のなかでリリースする前に、考えたいことがあり、10日ほど寝かせておりました。結果、かなりの変更を加えて、本日ようやくリリースです。

まず今年度のテーマは、書き初めでも書いた『威風堂々』と、『自由な展開』。創業25周年、次の四半世紀に向けてステップアップの土台となる一年にできるといいな、と思っています。どこにあっても、自分たちは自分たちであると、堂々としていられるように。そして、25年のなかで「これは違う」と勝手に線引きして自ら制限してきたものの縛りを解いて、もっと自由に動いてみようと。

毎年新しいことにチャレンジしてはいますが、経営指針書を書くこと自体がルーチン化して、無意識のうちに「前年に倣え」で考え方が小ぢんまりして来ているかもしれないと、年初に書いた「経営指針書」を反省したのでした。もっと自由に大風呂敷を広げます。

今年の藤吉憲典は、国内ではコロナ禍で延期してきた銀座黒田陶苑さんでの個展と、町田から青山へと移転なさった百福(ももふく)さんでの個展を予定しています。黒田さんでの個展は久しぶりになりますし、百福さん移転後の店舗では初めての開催になります。どちらも、これから先四半世紀の制作活動をワクワクと期待していただける内容にしたいと考えています。

また、状況の読めない状態が続いていたロンドンでも、12月に個展を予定しています。その時に情勢がどうなっているかはわかりませんが、開催を大前提に準備を進めます。もしかしたら作品だけの渡航になるかもしれませんが、個展を開くと決めてくださったギャラリーさん、その先にいるお客さまに喜んでいただけるよう全力を尽くします。

中長期的な展望としては、これまでとは全く異なるアプローチをいくつか発表予定です。昨年は意図せずしてその準備を進めることができましたので、流れに乗ってそのままチャレンジしていきたいと思います。ここで立てた事業計画が、年度末に計画がどのように進んでいるか、あるいは変わっているか。自分たち自身が一番楽しみにしています。さあ、がんばろう。

映画『HOUSE OF GUCCI』を観てきました。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

映画『HOUSE OF GUCCI』を観てきました。

今年密かに決めたことのひとつに「映画を月に1本は観る!」があります。我が家から最寄りの映画館はイオンモール内にあるTOHOシネマズ。毎月1日は「ファーストデイ」、毎週水曜日は「TOHOウェンズデイ」で鑑賞料が1200円になりますから、気楽に足を運びやすい環境です。まず1月の映画鑑賞は、ミッションコンプリート(笑)。

さて『HOUSE OF GUCCI』。少し前に『マトリックス レザレクションズ』を観てきたダンナが、映画館に配架されているチラシを持って帰ってきたなかにあって、見たいなぁと思っていたのでした。リドリー・スコット作品は、『ゲティ家の身代金』を観たのが2018年のことですから約4年ぶり。昨年公開の『最後の決闘裁判』を観たいと思いながら映画館に足を運ぶことが出来ず、『ナイル殺人事件』はたびたび公開が延期になって、この2月にやっと見れるかな!?というところです。

上映時間159分。最近の洋画はおしなべて上映時間が長いような気がするのは、気のせいでしょうか。でも、まったくその長さを感じさせない、むしろ、もう終わっちゃうの?もっとその先の物語を見たい!と思わせる159分でした。

同族経営のGUCCIが三代目で人手に渡ってしまう顛末の物語。その結果かどうかは別としても、GUCCIは成功復活を遂げて現在にもラグジュアリーブランドとして生きています。ファミリービジネスが大きくなりすぎて、ファミリービジネスだからこそうまく行かなくなり、ファミリーはいなくなって、ビジネスだけが残る切なさがありました。

鑑賞前に楽しみにしていたのは、レディ・ガガ、アル・パチーノと、映画に使われている洋楽の数々。期待通りに素敵でした。が、実は失礼ながら期待していなかったのにすごかったのが、アダム・ドライバー。少々ネタバレになりますが、予告編などではいかにもレディ・ガガ演じるパトリツィアが怪物のように描かれているものの、わたしにはむしろアダム・ドライバー演じるマウリツィオ・グッチの方が魔性に見えました。

『HOUSE OF GUCCI』でスタートの2022映画鑑賞。来月は何を見ようかな、楽しみです^^

郷育カレッジ講座で久しぶりに大峰山。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

郷育カレッジ講座で久しぶりに大峰山。

「沖ノ島が見える大峰山を歩こう」のタイトルで、福津市の「市観光ボランティアガイド会」の皆さんが案内してくださる講座に参加してまいりました。一昨年から始めたご近所ウォーキングの定番コースのひとつが大峰山。適度に負荷がかかりお気に入りのコースではありますが、歩きはじめるとなかなか途中で道をショートカットすることが難しいため、時間に余裕が無いと避けがちになってしまっていました。

そんなわけで、久しぶりの大峰山。朝は氷点下の冷え込みでしたが、風はさほど強くなく、お日さまも出てきて、比較的良いコンディションでのウォーキングとなりました。これなら沖ノ島も見れるかも!と期待できる空模様。観光ボランティアガイドさんの案内のおかげで、大峰山ウォークもただ歩くだけでなく「歴史探訪」となるのが、郷育講座の楽しいところ。道々の「ガイドポイント」をまとめた資料も準備してあり、ところどころ立ち止まりながら解説を聞きました。

さて講座タイトルの「沖ノ島が見える」は、この講座の楽しみのひとつです。沖ノ島は、世界遺産登録された頂上に至るまでの3か所に「見えるかもしれないポイント」があります。上の写真の場所はその一か所目。実は2年度前の同講座でも、同じ場所から写真を撮っていました(笑)。前回の講座では、よく見えなかったのでした。今回も最初は「見えませんね~」と言っていましたが、ここからさらに登って行った2か所目のポイントで「あれ!見えますよ!」と。目を凝らして見ると、霞んだ空と海の境目にうっすらと島影が見えました。今日の参加者の皆さんには縁起が良かったね♪と主催者側の一人として一安心。

それにしても山頂から眺める海の美しいこと。そういえば昨年のお正月はどこへも行けなかったので、ここから初日の出を見たのだった!と、思い出しました。一年経つのは早いようでもありながらが、その間の変化を考えると、たった一年前のことがずいぶん昔のことだったような気もするから不思議です。

郷育カレッジの「沖ノ島が見える大峰山を歩こう」講座は毎年人気の定番講座です。来年度のカリキュラムにも採用予定ですので、興味のある方(福津市民か、福津市内への通学生、通勤者に限りますが)はぜひ、参加を検討してみてくださいね♪

読書『実力も運のうち 能力主義は正義か?』(早川書房)マイケル・サンデル

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『実力も運のうち 能力主義は正義か?』(早川書房)マイケル・サンデル

つい先日『読書大全』(日経BP)からリストアップした「今年読みたい本」のなかに、マイケル・サンデル著の『これからの正義の話をしよう』がありました。刊行後すぐに気になりながら読んでいなかった本の一冊です。『これからの正義の話をしよう』は、2010年の刊行。新年早々『実力も運のうち』を図書館の新刊棚で発見しました。こちらは昨年2021年の刊行。順番は逆になるものの、ここで出会ったのもご縁だわ!と、先に読むことにいたしました。

読みはじめてすぐに、考えさせられました。それは、本書で述べられている「能力主義」の傲慢に、自分自身心あたりがあったからにほかなりません。わたしは本書でいういわゆる「エリート」とは程遠いところにいます。自営業者として常に「ちょっとしたきっかけでいつどう転ぶかわからない状況に居る」のを感じています。にもかかわらず、能力主義の傲慢の芽が自分のなかにあるのを否定できませんでした。

本書では、序論から第7章までアプローチを少しづつ変えながらも、一貫して「実力(だと本人が思っているもの)も運(すなわち偶然付与されたもの)のうち」だと認めることの意味を説いています。「やればできる!」の言葉の裏に隠れている諸刃の剣の存在を目の前につきつけられて、複雑な気持ちになりました。

近年はやりの若者言葉に「親ガチャ」というものがあると知ったのは、昨年のことだったと思います。すなわち、子どもは親を選べず、ガチャガチャのように偶然出てきた運命に従うしかないというような意味だと。親が選べないということは、育つ環境を選ぶことができないということ。この「親ガチャ」という言葉はまさに、本書で言っていることの本質をついていると思いました。

わたしにとって本書を読んでのもうひとつの収穫は、トランプ政権が米国で誕生した背景が少しは理解できたと思うこと。現代の社会を分断しているもの、格差社会を生み出しているものはいったい何なのか。それぞれの分断にそれぞれの理由がある一方で、その根底に共通して横たわっている能力主義思想の姿が見えたような気がしました。新しい資本主義が叫ばれ始めている昨今ですが(これまた実態の見えにくいものですが)、正すべき資本主義の背後にある思想を理解しないと、解決にはつながらないことがわかりました。

一人でも多くの人に読んでみて欲しいと思いました。そして、このテーマについて語り合ってみたいと思った本でした。

Simon the Rhino サイの名前が決まりました!

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

Simon the Rhino サイの名前が決まりました!

昨秋、福岡アジア美術館で開催した展覧会「藤吉憲典の挑戦 古伊万里の変遷と未来 古典からアートへ」の会期中に、展覧会広報物のメインキャラクターとなった黄色いサイ(Yellow Rhino)の名前を募集しました。皆さんがとても一生懸命考えてくださったのが、とても嬉しくありがたく思いながら、検討しておりました。

命名:サイモン

ニューヨークメトロポリタンミュージアムの人気者は、William the Hippo カバのウィリアムさん。対して、Simon the Rhino サイのサイモンさんです。

藤吉憲典 サイ

サイモン=Simon=犀文

皆さんからのご提案を拝見してハッとしたのは、「サイ」にかけて、読み方の音や漢字表現に多様な意味を込めたお名前案をたくさんいただいていたこと。日本語ならではの良さ、楽しさをあらためて感じました。ダジャレ的な要素も含まれていて、肥前磁器の歴史と重なる江戸文化を思わせるものも多々。そこはぜひひとつ押さえておこう!と思いました。と同時に、日本人だけでなく海外の方にも親しみやすい(呼びやすい)名前がいいな、という気持ちがありました。既に藤吉のサイが何頭も海外に飛び出しているので。

さて、サイモン。ご提案いただいたたくさんの候補のなかにあった、数少ない英語名でした。英語名Simon(サイモン/シモン)は、もとはユダヤ名のSimeonに由来し、キリスト教十二使徒のペテロの本名がシモンということもあり、西洋世界でもよく親しまれている名前のひとつだそうです。わたしはサイモンと聞くと、サイモン&ガーファンクルのポール・サイモンだったり、デュラン・デュランのボーカルであるサイモン・ル・ボンの名前が頭に浮かびます(世代がわかりますね 笑)。この二つの例だけでも、ファーストネームにもラストネーム使われているわけで、とても一般的な名前であることがわかります。

そして「犀文(サイモン)」。犀はサイそのまま。文は文様。藤吉憲典の生み出すサイの特徴・魅力は、細かいところまでこだわった造形美に加えて、その独特の文様にあります。「サイの文様」ではなく「文様のついたサイ」ですね。「サイモン」の音に漢字を合わせるにあたり、「文」以外の選択肢は必要ありませんでした。それくらい、作者であるダンナもわたしも、しっくりきましたので、迷いなく決定。

それにしても「名前」を必死で考えたのは、我が子が生まれたとき以来のこと。その当時「名づけ辞典」的なものをたくさん図書館から借りてきて、漢字の意味を調べたり画数を確認したりしたのを思い出しました。

お名前募集の呼びかけにご協力くださいました皆さま、ほんとうにありがとうございました。これからも一層、Simon the Rhino=サイの犀文(サイモン)をよろしくお願いいたします!