やっぱりここのケーキが好き。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

やっぱりここのケーキが好き。

美しいケーキを買って来ても、写真を撮ればよかった!と気づくのは、いつもお腹に入ったあと。仕方がないので、上の写真はケーキタイムに使ったお皿など。染錦チューリップ文(上)、染付唐草文(左)、染錦なずな文(右)、いずれも藤吉憲典作。5寸の丸皿は使い勝手がよくて、この3枚も食卓に頻繁に登場しています。

さてお気に入りのケーキ屋さん、このブログでもたびたび登場していますが、住宅街のなかにあります。車でうっかり通り過ぎてしまうくらい、コンパクトに住宅街に溶け込んでいます。パティシエのご主人と、接客担当の奥さまのお二人。店内はお客さんが二人も入れば身動きできなくなる広さ。先にお客さまがあるときは、次のお客さまは外で待つマナーが、コロナ禍になるずっと前から定着しています。

小さなショーケースは、いつも色とりどりのケーキでいっぱい。その奥に厨房が見えて、ご主人がケーキを作っている様子を拝見できるとともに、ときに会話を楽しむこともできます。新作お菓子のうんちくを、作っておられる方から直接伺うことができるのは、ここでケーキを選ぶときの楽しみのひとつ。作り手と買い手(食べ手)の距離をとても近く感じます。

フルーツを使った定番のタルト系がおいしくて、それらを目当てに足を運びます。わたしの一押しは、リンゴがおいしい「シブースト」。定番のケーキを決めていても、いつもなにかしら新作があって、それがまた美味しそうなので(実際おいしいので)、オーダーに迷います。今回は新作のなかから、レモンをたっぷり使った「シトロン」を。

選び終わると、「お待ちの間にどうぞ」とこれまた新作の「ミントクッキー」をひとついただきました。パンチの利いたミントの香りがクッキーにマッチ。おいしくいただいていると、奥でケーキのデコレーションをしていたご主人が、クッキーに使っているミントの葉っぱを裏のハーブ畑からとってきて「よかったら食べてみて」と。ミントの種類もいろいろあるようで、ご自身が納得する苗を探し育てたミントを使っておられるということでした。

以前は何人もの職人さんや店員さんを抱え、カフェスペースもあるケーキ屋さんとして腕を振るっておられたご主人。前のお店を閉めるときに「次は本当にやりたいことだけをするお店を作るので、お楽しみに」とおっしゃっていたのでした。自分の好きなことを仕事にする喜びと楽しさ。わたしたちと業種は全く違えども、共通するものを感じて嬉しくなるのです。

読書『世界で活躍する仕事100』(東洋経済新聞社)

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『世界で活躍する仕事100』(東洋経済新聞社)

サブタイトルに「10代からの国際協力キャリアナビ」とあります。三菱UFJリサーチ&コンサルティング編。

少し前に、いつものカメリアステージ図書館で、たまたま見つけた良書です。ちなみにカメリアステージ図書館は、緊急事態宣言により現在臨時休館中。5月12日から始まった休館は、緊急事態宣言の延長で、6月20日までと1か月以上にわたることになりました。

気になること調べたいこと発生→とりあえず図書館行こう→そっか図書館閉まってるんだった(涙)…のループが続いています。自分にとって図書館が仕事上もプライベート上もすっかり日常の一部になっていることがあらためて分かります。コロナ禍以降「芸術は『不要不急』ではない」という議論が沸き起こりましたが、図書館だってまさにそうだと思うのはわたしだけではないと思うのですが…。

それはさておき、『世界で活躍する仕事100』。今はこんなに好い資料が一般に出ているのだなぁ、とつくづく感じた一冊でした。実際に国際協力分野で仕事をしている人たちが、どのようなキャリアを経てそこに至っているのかが書いてあり、巻末にはその足掛かりとなりそうな機関や学校や奨学金情報のリストまでついています。「10代からの国際協力キャリアナビ」とあるとおり、子どもが将来の仕事としてそのような方面に興味を示したときに、ぜひ教えてあげたい本です。

すべての小中学、高校の図書室にこの本が1冊あるといいな、と思います。子どもたちが、興味を持った時に「どうしたら、そうなれるのか」手掛かりがつかめることは、とても大切だと思います。「どんな仕事なの?」から一歩進んで「そのためには何を勉強したらいいの?」や「どうしたら・どこに行ったら、その勉強ができるの?」の具体例が載っていて、素晴らしく実践的です。

わたしが読んだのは2018年の発刊で、AmazonではすでにKindle版と中古だけになっていました。願わくば、2021年版が出ると嬉しいなと。欲を言えば、旅行ガイド本のように、1-2年おきに最新情報に改定されて刊行され続けて欲しい本です。

花を生けるたびに、いつも思うこと。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

花を生けるたびに、いつも思うこと。

昨日の紫陽花に続いて、本日も花の話。わたしがお花を習っていたのは、ほんの三年間ほど、それも15年以上も前のことです。でも何年経っても、花を生けるたびに「先生だったらなんとおっしゃるかな」と思います。今日のこの百合を見たら「思い切りが悪い」「落とさない方がもったいないということもあるのよ」とおっしゃるに違いありません。

百合

30歳を過ぎたころ、窯元おかみの仕事柄必要を感じて、お茶とお花を習い始めました。当時、お花を教えてくれるところは近くになかったのですが、お茶室でご一緒していた華道お家元の先生が、お茶のお稽古の前後に指南してくださったのでした。先生のご厚意に甘え、流派に入門することなく、実地で勉強することができました。今考えても、ほんとうに贅沢でありがたいことです。

お茶の日は、お稽古がはじまる1~2時間前にお茶室に入り、床の間の花を用意する先生のお仕事を拝見しながら、いろいろと教えていただきました。毎回、すべての花は先生のお宅の庭で育てているものを使っていました。その日に咲いているもの、その日に一番美しいものを庭で切ってこられるのです。お花を習い始めてから何十年もかけて、茶花として生けたいものを少しづつ増やしていかれたそうです。

「花は野にあるように」という利休の教えがありますが、その言葉を知る前に、わたしは先生に教えていただいていたような気がします。基本の生け方と茶花の生け方、両方を目の前で拝見し、教えていただきながら学んだことは、わたしの財産になっています。花は買ってこなくても、文字通り「身近にある草花」を一輪挿すだけでいいのだということも、先生から教わりました。

「先生だったら、こうおっしゃるだろうな」がわかっていても、未だなかなか修正できない出来の悪い教え子です。でも、花を生けるたびにこのように自分のなかで先生と問答できること自体が、とても嬉しくありがたいのです。

紫陽花シーズン到来です。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

紫陽花シーズン到来です。

今日から六月。花祭窯の露地には紫陽花はありませんが、一歩外に出ればご近所さんの庭先や小路に咲く紫陽花がたくさん目に入ってきます。一口に紫陽花と言っても、色も形もさまざま。いつも庭にお花がいっぱいのご近所さんから、おすそ分けをいただきました!

紫陽花
紫陽花
紫陽花
紫陽花

両手に抱えきれないほどの花をいただき、家に戻ってすぐにバケツにたくさんの水を張って投げ込み、花器を集めてきて生けました。おかげさまで屋内でも紫陽花を満喫しています。

毎年こんなふうに書いているような気がする…と思いチェックしてみたら、昨年は6月9日に「紫陽花をたくさんいただいたので。」とアップしていました。ありがたいですね。

続・読書『英語の品格』第4章(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

続・読書『英語の品格』第4章(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著

読書『英語の品格』の続き、最終章です。たくさん掲載されている文例のなかから、自分にとって使い勝手の良さそうな例文を「わたし用」にまとめています。「第1章日本人英語の非常識」「第2章自然な英語を目指して」「第3章品のある英語に仕上げるためのスパイス」に続いては、「第4章品格のある英語で好感度を上げるコツ」です。


  • In other words, … / What I mean is …
  • It’s not urgent. / It’s no rush.
  • Let me make sure that I got that right.
  • Let’s keep in touch.
  • It’s been a long time.
  • There was some room for improvement.
  • We would have liked it to be better.
  • I’m grateful for your assistance.
  • I appreciate your help.
  • That’s very kind of you to say.
  • It makes me happy to hear you say that.
  • I’m so glad to hear that.
  • I hope everything goes well.
  • I’m crossing my fingers for you.
  • It was really great talking with you.
  • I’m so glad I got the chance to meet you.
  • I learned a lot from talking with you.

『英語の品格』(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著より


個人的には、会話よりもメールで英語を使うことの方が多いのですが、メールでの言い回しにもそのまま使える表現がたくさんありました。これから英文メールを書くたびに、お世話になること間違いなしです。たくさんの文例のなかから、まずは自分の使いやすいものをひとつづつ、自分の表現として身に着けていきたいと思います。

続・読書『英語の品格』第3章(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

続・読書『英語の品格』第3章(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著

読書『英語の品格』の続き。たくさん掲載されている文例のなかから、自分にとって使い勝手の良さそうな例文を「わたし用」にまとめています。「第1章日本人英語の非常識」「第2章自然な英語を目指して」に続いては、「第3章品のある英語に仕上げるためのスパイス」です。


  • Overall it looks very good. There is one portion, however, that I have concerns about and would like you to revise.
  • May I have a cup of coffee?
  • I’d like to check out.
  • Would you please call a taxi?
  • Could you recommend something as a gift for my mother?
  • This is just a small token of my appreciation.
  • I hope you’ll like this.
  • I hope this will brighten your day.
  • This is just a small souvenir from Fukuoka.
  • I suggest you try blue for this room.
  • Some people might think that…
  • I was wondering if you might have time to help me with this project.
  • There seems to be a problem.
  • I suspect that there’s something wrong with the work.

『英語の品格』(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著より


「言いにくいことを伝える」場面での婉曲的な言い回しなど、日本語に置き換えても使えると思いました。丁寧な言葉遣いを心がける際の考え方は、英語も日本語も同じですね。

続・読書『英語の品格』第2章(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

続・読書『英語の品格』第2章(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著

読書『英語の品格』の続き。たくさん掲載されている文例のなかから、自分にとって使い勝手の良さそうな例文を「わたし用」にまとめることにしました。「第1章日本人英語の非常識」に続く本日は「第2章自然な英語を目指して」。


  • What do you do for a living?/What kind of work do you do?
  • How about yourself?
  • available
    • When do you available to work on this?
    • Is this seat available?
    • I can make myself available tomorrow afternoon.
  • engage
    • Engage your brain.
    • We engaged a consulting firm.
  • integrity
    • a man of integrity
    • luck of integrity
    • brand integrity
  • make it
    • I can’t make it to the party.
    • We made it.
    • Let me make it up to you.
  • work
    • Let’s work on it.
    • Will that work for you?
    • It works for everyone.
    • The plan seems to be working.
  • thing
    • Things are going well.
    • How are things going?
    • The thing is, I have another appointment that days.
    • Here is the thing about English.
    • Public speaking is not my thing.
    • It doesn’t mean a thing.

『英語の品格』(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著より


難しい単語を使わなくても、知っている単語にいろんな活用・意味があって、自然に丁寧に響くとあれば、覚えやすいし便利に使えそうですね。こういう便利な使い方を一つでも多く身に着けたいと思いました。

新しいお箸の幸せ。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

新しいお箸の幸せ。

前回「お箸」でブログを書いたのはいつだったかしらと探してみたら、4年ほど前に「新しいお箸の幸せ」と、まったく同じタイトルで書いていました。自分の感覚を表す言語表現が、まったく変わっていないことに驚きつつ。

一年ほど前から「次のお箸」を探していました。仕事柄、器をはじめとした良い道具を揃えておられるギャラリーさんに足を運ぶ機会があるのは、ありがたいことだなぁと思います。お取引のあるギャラリーさんで扱っておられるだけでなく、「お箸を探しているんです」といえば、おすすめのお店や作家さんを教えていただくことができます。

それでも探しているときはなかなか見つからない!ということも少なからず。特に作家ものは「今制作中で、次の納品予定は未定」ということがあります。よい道具との出会いのタイミングを見逃さないようにするには、早め早めにアンテナを張っておく必要がありますね。

さて今回は、ダンナが「銀座夏野」さんで選んでくれました。銀座夏野さんがオープンしたニュースは、当時「○○画報」などの婦人誌で知り、「銀座にお箸の専門店!」とインパクトが強かったのを覚えています。1999年のオープンだそうですので、もう20年以上経つのですね。

さっそく使っております。お箸そのものの素晴らしさはもちろん、作家さんの紹介カードとお箸の材の紹介カードが添えられていたのに、感動しました。上の写真は作家さん紹介のカードです。材についても、同じコンパクトなカードに情報が載っていました。作り手と、ものと、使い手をつなぐカードです。おしゃれだなぁと思いました。

今回我が家にやってきたお箸の材は、紫檀、菫色木、桜。紫檀(したん)と桜はわかったのですが、「菫色木」の読み方がわかりません。「菫色」で「すみれいろ」。その名の通り美しい紫色が印象的な木だそうです。材の特徴解説のカードを、とても嬉しく拝読しました。購入する立場になって気づく、モノに求められる「プラスアルファの情報」です。

さっそく花祭窯でも、そのような情報カードを作ってみようと思いました。花祭窯の場合は、作家は一名ですし素材も磁器だけですが、技法や文様の一言メモがあると、より楽しんでいただけるかもしれませんね。

続・読書『英語の品格』第1章(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

続・読書『英語の品格』第1章(インターナショナル新書)ロッシェル・カップ/大野和基 著

読書『英語の品格』をブログにアップしたのは10日前。たくさん掲載されている文例のなかから、自分にとって使い勝手の良さそうな例文を「わたし用」にまとめることにしました。その「第1章」分。


  • I hope you feel better.
  • Would you mind taking off your shoes?
  • I’m sorry but it is not possible given my schedule.
  • I have a different view about this.
  • I’m afraid that we cannot accept your offer at this time.
  • I have some concerns about that approach.
  • must>have to>had better>should>need to
  • I would like some more coffee please.
  • May I have a refill?
  • I found what seems to be a mistake.
  • What makes you say that?
  • What brought you here?
  • How did it happen?
  • Could you possibly plan to get here before 3pm?
  • Would you be able to stop by our office when you are in Japan next?
  • Would it be possible to meet you while we are in London?
  • Everyone leaves their shoes here when they enter the gallery.
  • Would it be alright if I took a bottle of water?
  • Do you mind if I take a bottle of water?
  • Not at all.
  • No, go ahead.
  • I’m afraid that… / Unfortunately… / I’m sorry to have to tell you,…
  • We appreciate your proposal.
  • Thank you for sharing this proposal with us.
  • I definitely agree with you.
  • My thoughts exactly.
  • I share your opinion.
  • I’d like to hear your opinion about this.
  • I welcome your comments about this.

『英語の品格』(インターナショナル新書)より


コンパクトにまとめようと思いつつ、多くなってしまいましたが、それでも上の文例はほんの一部。部分的に「わたし用」にアレンジしています。本書には他にもたくさんの言い回しが載っています。またそれぞれの解説を読むことで、使い方をより理解できると思います。

呑んべえの作る片口いろいろ-藤吉憲典展 at 桃居 2021より

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

呑んべえの作る片口いろいろ-藤吉憲典展 at 桃居 2021より

藤吉憲典陶展 at 桃居、本日が最終日です。本日は桃居さんの実店舗ギャラリーもオープン(17時まで)。オンライン展示とそれぞれに楽しんでいただけると幸いです。

本日も、今回の藤吉憲典の個展で特にわたしがお勧めしたいポイント「わたしなら、これを買う!」をご紹介してまいります。

第一弾「優雅なポット」第二弾「毎日使う楕円皿」第三段「跳ね兎のフリーカップ」に続いては、呑んべえの作る片口。吞んべえとは、もちろんダンナ藤吉憲典のことです。30年ほどこの仕事をしていて、ダンナに限らず酒飲みの陶芸作家がつくる酒器は間違いない!という確信があります(笑)。「自分が使いたい酒器を作る」が最初にあるのは大事ですね。

片口、ぐい呑、盃など、「家呑み」が定着しつつある昨今こそ、お家時間を豊かにするアイテムのひとつとして自分の気に入る酒器を手に入れて欲しいと思っています。

染付網桜文片口 藤吉憲典陶展
染付波桜文片口 藤吉憲典陶展
染付梅枝唐草文片口 藤吉憲典陶展
染付葡萄文片口 藤吉憲典陶展
染付葡萄文片口 藤吉憲典陶展

片口は、冷酒用の注器としてはもちろん、湯冷ましとして用いたり、ソース入れや出汁入れとして食卓に置いたり、実は活用方法もさまざま。一度使い慣れると、片口の魅力は広がっていきます。

毎回個展ではすぐに完売してしまう片口なのですが、今回は珍しく最終日にお求めいただけるものがいくつか。この機会にぜひ手に取ってみてください。


藤吉憲典陶展 at 桃居
2021年5/21(金)-5/25(火)会期中無休
11-19時(最終日17時まで)
東京都港区西麻布2-25-13
TEL03-3797-4494

桃居オンライン展示会(https://toukyo-exhibition.stores.jp/)
※藤吉憲典陶展は 2021年5/21(金)-5/25(火)