さっそく電子図書館が活躍♪

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

さっそく電子図書館が活躍♪

福津市の図書館に電子図書館が出来て、わたしが電子図書館デビューしたのは、今年2月のことでした。嬉々として利用手続きをいたしましたが、実のところ、やはり図書館に足を運んで紙の本を選んで借りてくる良さが勝り、さほど活用できていませんでした。

が、このたび約2週間の「自宅待機」を命じられ、図書館から借りた本はとっくに読み終わり、というなかで、電子図書館の恩恵を堪能しております。一度に借りることが出来るのは3冊までと多くはありませんが、なにしろ足を運ぶ必要がありませんから、借り直すのも簡単です。返却期限が来たら自動的に返却される仕組みも、ありがたいですね。

2月のスタート時にチェックしたときよりも、蔵書が増えていました。リアルの図書館に比べて、かなりハイペースで増えているような気がするのは気のせいでしょうか。紙の書物よりも、電子書籍の方が安くそろえることが出来るのかな。今度司書さんに聞いてみようと思います。

今回「お!」と思ったのが、借りた本のなかに「音声読み上げ」版があったこと。該当する本を借りるまで、気がつきませんでした。この場合の読み上げは、朗読のようなものでは無く、電子的にテキストを音声化したものです。思いがけず、電子図書館をオーディオブック的に活用できることがわかりました。

電子書籍の仕組みについてほとんど何も知らないことに、あらためて思い至り、日本電子出版協会のサイトを覗いてみました。電子書籍の種類は、本のビジュアルそのままに電子化した「フィックス」と、画面サイズや文字サイズの変更などに合わせてテキストやレイアウトが流動的に表示される「リフロー」があるということを認識。それぞれに書籍の内容に適した形で電子化されているということがわかりました。なるほど~!です。

いやはや、電子書籍の世界、どうやら思った以上に活用できそうです。今回使ってみて思ったのは、すぐに使う予定が無くても、登録手続きをしておいてよかったなぁ、ということ。「使いたい!」と思ったときにすぐアクセスできると、心理的なハードルがぐっと下がります。福津市の電子図書館に関しては、福津市民で図書館利用カードを持っていれば、登録は簡単にできます。興味のある方、ぜひアクセスしてみてくださいね♪

福津市電子図書館利用ガイド

足元をしっかり見て歩こう。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

足元をしっかり見て歩こう。

ある日の津屋崎浜散歩。大潮で引いた砂浜に、たくさんのクラゲが取り残されていました。冬ならここにハコフグやカワハギの仲間と思しきお魚たちが取り残されているもので、まあ、珍しいことではありませんが。うまいこと潮の流れに乗れなかったのね…と切なく眺めつつの散歩です。

海は遠くへと広がっているのに、水平線は空とつながって遥かに開けているのに、すぐ近くの足元に視線を落としながらの海辺の散歩。足元をしっかり見て歩かないと、この「取り残された方々」を踏んでしまう危険性がありますので、仕方がありません。この日も、ぼんやり遠くの舟を目で追いながら散歩していたら、ぬるっと足を取られ、思わず「うわっ」と声を上げてしまいました。ごめんなさい。クラゲを踏んでしまいました。危うく転ぶところを踏みとどまり。

大小さまざまなサイズの透明なクラゲが、あちらこちらにいて、まるでトラップのようです。彼らとて踏まれるのは嫌でしょうけれど、水の引いた場所では動くことが出来ません。必然的に、こちらが発見して避けることが求められます。そうね、足元はしっかり確認しながら歩かないと、と、思わぬところで人生訓を得つつの浜散歩です。

祝・開校20周年!令和4年度「郷育(ごういく)カレッジ」パンフレットが出来上がりました。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

祝・開校20周年!令和4年度「郷育(ごういく)カレッジ」パンフレットが出来上がりました。

今年度2022年の郷育カレッジ講座一覧のパンフレットが出来上がりました!今年はなんと「カレッジ」が開校して20周年という記念年です。今年も引き続き感染症対策を最優先にするため、派手にお祝いすることは残念ながらできませんが、講座の中身はとっても充実しています!毎年外せない人気の定番講座に加え、時代に沿った新規講座、リニューアル講座が目白押しです。

7月16日(土)の開講式からスタートする今年度の特集テーマは、「わがまち福津再発見」。数ある講座のなかで、わたしの個人的なイチオシは、福津市の8つの「郷(さと)」を歩く「ふくつ散歩」です。ふくつ散歩講座がスタートしたのは、数年前にさかのぼりますが、今年度ようやく8地域すべてのエリアが揃いました。福間、南福間、神興、神興東、上西郷、宮司、津屋崎、勝浦の8エリアを、地域の「郷(さと)づくり」の方々のご案内でお散歩します。

わたし個人を振り返ってみると、郷育カレッジの運営委員に入ったのは、2016年。その前2014年~2015年の二年間は、社会教育推進を検討する郷育推進委員を務めましたので、福津市の社会教育に関わるようになってから9年目に入ります。この9年間、時代の変化のスピードはとても早く、特にこの2年コロナ禍下での変化は、社会教育を取り巻く環境をも大きく変えました。そんななかで、市職員の方々と運営委員の諸先輩方とご一緒に、社会教育に関わることが出来ているのは、とても学びが多く幸せなことだと感じています。

市と市民が一緒になって作り上げる、福津市ならではのスタイルの社会教育講座。福津市民の方、福津市に通学通勤なさっている方ならどなたでも受講できます。福津市内にお住まいの方は、6月の市報と一緒にパンフレットが入ってくるので、是非チェックしてみてくださいね。パンフレットが入らなかった方は、福津市の郷育課にお問い合せ下さいね。

令和4年度郷育カレッジ講座一覧

読書『総理の夫』(実業之日本社)原田マハ著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『総理の夫』(実業之日本社)原田マハ著

久しぶりの、原田マハさん。ブログをさかのぼってみると、2017年頃から「原田マハさんの追っかけ読書」をしています。『キネマの神様』『楽園のカンヴァス』からはじまり、彼女が書いた著書は、エッセイ以外たいがい読んだつもりでおりましたが、抜けているようです。これもその一冊。

『総理の夫』(実業之日本社)原田マハ著

田中圭さんと中谷美紀さんで映画化されています。映画を観に行った息子が「面白かったから」と買って持っていた文庫本を借りました。息子曰く「本の方が断然面白い!」。上の写真は、主人公が鳥類学者ということで、鳥。

主人公『総理の夫』の日記形式でのストーリー展開は、心の声ならではの面白さがあり、テンポよく進みます。総理大臣を描くとあって、いろいろとリサーチもたいへんだっただろうな、と思えました。わたしたちがふだん窺い知ることのできない政治家の生態の、細かい描写の面白さ。「スピーチライター」を主役にしたマハさんの著書、『本日は、お日柄も良く』(徳間文庫)を思い出させました。

文庫ですが、446ページと分厚いです。が、軽妙な口語体にのせられ、さらに「日本初の最年少・女性総理誕生」への野次馬的な興味も重なり、サクサクと読みました。主人公が「今これを読んでいるあなた!」と呼びかけ、読み手を登場人物として巻き込むスタイルが奏功しています。ストーリーを覗き見しているような読み手としての立ち位置が、絶妙でした。

久しぶりの原田マハさんの小説、やっぱり面白かったです。読みおとしがまだあるかもしれませんので、ちょっと調べ直してみようと思います。

Meet Me at Artのアートエデュケーション(美術教育)スクールプログラム。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

Meet Me at Artのアートエデュケーション(美術教育)スクールプログラム。

Meet Me at Artのアートエデュケーションに「見る・知る・触る、やきもの(陶磁器)」プログラムをリリースします。と書いたのは、昨日のことでした。

さっそく、小中学校・小中学生向けには他にどんな美術教育プログラムがあるの?というお問合せをいただきましたので、この機会にご紹介。


「美術探検!スクールプログラム」

はじめに、小中学校で取り組まれている「絵を描く」「版画を彫る」などの作品を作る活動は、「美術」というよりは「図工=図画工作」です。美術館などで行われる、何かを作るワークショップも、図工であることが多いです。でも、美術教育=制作とは限りません。

Meet Me at Artのアートエデュケーションは、「見る」「分析する」「解釈する」「言葉にする」ワークショップを通して、視野を広げ感性を磨き、想像力・創造力・表現力を育むことを目的とします。トレーニングの成果物は、目に見えるモノとは限りません。「得意」も「苦手」もなく、十人十色の正解があります。

スクールプログラムには、受講者に応じて次のようなパターンがあります。

  • 授業の一環や校外活動としての生徒用プログラム
  • 指導する側である先生用プログラム
  • PTAのレクレーション用プログラム

ワークショップの種類は、次の4つが柱となります。

  • 鑑賞:対話型鑑賞法(ビジュアルシンキング)
  • 表現:なりきりアクティビティ
  • 表現:Do! コラージュ
  • 鑑賞:見る・知る・触る、やきもの(陶磁器)

それぞれ参加する方々の目的や人数、所要時間などに合わせて、その都度プログラムを立ています。目的により、他の教科、例えば社会科とのつながりや、国語とのつながりを組み込んだプログラム作成も可能です。

スクールプログラムのパンフレットも、あらたにリリースした「見る・知る・触る、やきもの(陶磁器)」を加えた最新版を現在作っています。ご希望の方はお知らせいただきましたら、パンフレット完成次第ご案内差し上げます!

Meet Me at Artのアートエデュケーションに「見る・知る・触る、やきもの(陶磁器)」プログラムをリリースします。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

Meet Me at Artのアートエデュケーションに「見る・知る・触る、やきもの(陶磁器)」プログラムをリリースします。

花祭窯のおかみの仕事と、アートエデュケーターの仕事がピッタリと共鳴するプログラムがデビューします。自分でいうのはなんですが、ついに真打登場といったところ(笑)。その名も「見る・知る・触る、やきもの(陶磁器)」(仮)。あまりにもそのままなので、何か良いネーミング無いかな、と思いつつ。案がありましたら、ぜひお知らせくださいませ。

自分の専門分野である、やきもの(陶磁器)による美術教育普及プログラム。ずっとぼんやりとした構想はあったものの、ここにきてプログラム化を具体的に進めた背景には、きっかけとなる二つの出来事がありました。ひとつめは、福岡市美術館の教育普及専門学芸員さんとアウトリーチについてのやり取りをする機会があったこと。アウトリーチとは、いわば「出張美術館/出張美術教育」。地域の学校や公民館などで、美術教育をしたいけれどもご利用者が館に足を運びにくい場合などに、美術館の方から出向くというものです。近年特に公立の美術館・博物館では教育普及の重要性が言われるようになり、アウトリーチ用の教材ボックスに力を入れる館が増えています。

さてその福岡市美術館の教材ボックスのなかに「やきもの」がありました。教材内容、プログラム内容ともに、非常にシンプルでわかりやすく構成されていて、難しく考えていた自分が「専門バカ」になっていたことに気づきました。陶磁器の産地がいくつもある九州のなかで、このようなアートエデュケーションが行われることの価値と必要性を、あらためて客観視することが出来ました。材料も知識も既に豊富に手元にありますので、これはすぐ形にしよう!となりました。

きっかけの二つ目は、四月に行われた「藍の家」築120年記念イベント特別記念講演会「私たちはどこからきて、今どこにいて、これからどこへ行くのか」。

この講演の後、参加者有志と講師の藤原先生が津屋崎千軒の歴史を辿る「まち歩き」をしました。花祭窯の前も通って古民家についての解説をするということでしたので、そのタイミングに合わせて、津屋崎千軒と陶磁器の海の道のこと、肥前磁器(伊万里)の陶片の話などをご紹介したところ、「こういう話こそ、ぜひ小中学生の授業に取り入れて教えてあげて欲しいですね」と喜んでいただけたのでした。

そういえば息子が小学生4年生の時、担任の先生からのご相談で、社会科の一環として小学生120名への陶磁器講座をしたのでした。そのとき実施したことは、まさに「見て」「触って」「知る」。子どもたちの、興味津々の表情が思い出されます。

Meet Me at Artの「見る・知る・触る、やきもの(陶磁器)」。小学生~中高生への美術教育兼地域の歴史を学ぶ機会になりますし、やきものや歴史に興味のある大人にとっても知的好奇心をくすぐり教養を深めることのできる内容です。プログラム概要はこれからアップいたします。5月末までにはご覧いただけるようにできるはず。興味のある方は、ぜひお気軽にお問合せ、ご相談くださいね♪

読書『対岸のヴェネツィア』(集英社)内田洋子著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『対岸のヴェネツィア』(集英社)内田洋子著

今年のゴールデンウィークに初めて読んで、すっかり気に入った内田洋子さんの著書。

これまでどちらかというと、エッセイは避けていたジャンルでした。まったく読まないわけではありませんでしたが、エッセイはあまり好きではない、と思っていたのです。が、著者・内田洋子さんの肩書は「エッセイスト」…つまり、単にこれまでに好きだと思えるエッセイ(あるいはエッセイスト)に出会っていなかっただけ、だったようです。

『対岸のヴェネツィア』(集英社)内田洋子

今回も気持ちよく読みました。ヴェネツィアには行ったことがありません。けれども、読みながら脳内に現れるイメージに、とっても既視感。なぜかしらと考えて、ふと思い当たりました。塩野七生さんの『小説 イタリア・ルネッサンス  1 ヴェネツィア』の世界観です。

塩野七生さんの小説の舞台は文字通りルネッサンス時代。対して内田洋子さんが書いているのは、ごく最近のヴェネツィアです。にもかかわらずイメージがまったく違和感なく重なるのは、ヴェネツィアの歴史・景色の「変わらない部分」の大きさゆえだろうと感じました。干潟を含む街全体が世界遺産に指定されているとあり、これからもその「変わらなさ」が守っていかれるのでしょうね。

さて内田洋子さんのエッセイ。街も、人も、いろいろな関係性も、おしゃれに描かれていながら、きれいで楽しいことばかりの上っ面な感じではなく、ちょっと嫌なところ、ダークな感じも書かれているのが魅力です。そしてなによりも、説教臭くない。人の弱いところ、ダメなところが、とてもいとおしく描かれていると感じます。

そうそう、わたしがエッセイ嫌いになった理由の一つは、若かりし頃読んだ数冊のエッセイから、教訓や価値観の押し付けを感じることがあったからなのでした。特に、あからさまでは無く巧みに「わたし(著者)の(感性の)正しさ」を押し付けてくる感じのあるものが、とても嫌でした。誰とは言いませんが、複数名(笑)。

行きたい場所のひとつ、ヴェネツィア。けれども、本を読む限りでは、やはり住みたいとは思えなさそうです。というのも「暮らす」と考えたときに、どうにも湿気に太刀打ちできそうにないような気がするのです。それもまぁ、足を運んでみたらどうなるかわかりませんが。

『対岸のヴェネツィア』(集英社)内田洋子

再読書『美術館っておもしろい!』(河出書房新社)モラヴィア美術館

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

再読書『美術館っておもしろい!』(河出書房新社)モラヴィア美術館

フルタイトルは、『美術館っておもしろい! 展覧会のつくり方、働く人たち、美術館の歴史、裏も表もすべてわかる本』(河出書房新社)モラヴィア美術館阿部賢一・須藤輝彦 訳。約1年半前に図書館で発見し、読んで気に入って手に入れた本です。

「読んで(見て)面白い絵本」であるだけでなく、アートエデュケーターとして仕事をするときに、実際に役に立つ内容が多いため、ことあるごとに開いています。今回、思うところあり再読&まとめ。


  • 美術館を開いていく試み=入場料を無料にする、カフェを併設する、本を出すetc…
  • 芸術や教育には大きな力が秘められている=人と人との垣根を取り払い、相互理解をもたらすもの。
  • 来館者が求めているのは、美しさだけではありません。教養を深め、夢中にさせてくれる物語も展示品に求めているのです。
  • ドイツ帝国最後の皇帝ヴィルヘルム2世は、完全武装した軍隊よりも思想の方が力が強いのを知っていました。→教育や文化の支援にも大金を投じました。
  • ムセイオン(芸術の女神ムーセの神殿)→芸術と驚異の部屋→絵画陳列室→スタイル・ルーム→抽象の部屋→ホワイト・キューブ
  • 街に美術館があることは文化的成熟度を表し(中略)とはいえ、それは、巨大な建物の大美術館である必要はありません。
  • 身のまわりの物事に関心がある人、美しいものを求めている人、ふだんとは違う角度から世界を見ようとする人は、皆、美術館の鑑賞者です。
  • 美術館は創造的でユニークな人たちを引きつける磁石そのもの

『美術館っておもしろい! 展覧会のつくり方、働く人たち、美術館の歴史、裏も表もすべてわかる本』(河出書房新社)より


花祭窯ならびに藤吉憲典の紹介用ツールは、それを使う場所ごとにカスタマイズして作ったほうが良い。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

花祭窯ならびに藤吉憲典の紹介用ツールは、それを使う場所ごとにカスタマイズして作ったほうが良い。

当たり前といえばあたりまえですが、さまざまなプレゼンテーションの場面に合わせて、日本語版・英語版、窯色強め・作家色強め、食器色強め・アート色強め…などなど、その都度アレンジしながら作っています。その一方で、地域における花祭窯の紹介ツールをつくれていないなぁと思いながら、すっかり後手後手になっておりました。ちょっぴり反省をしていたところに、2022年4月から津屋崎千軒の入り口となる「なごみ」が、観光案内所として本気を出す感じがとっても伝わってきたので、まずは「なごみ用」を制作。

花祭窯案内(なごみ用)

今回はまず第一弾。フィードバックを受けながら、その都度改善してまいります♪

読書『ダンヒル家の仕事』(未知谷)メアリー・ダンヒル著/平湊音訳

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『ダンヒル家の仕事』(未知谷)メアリー・ダンヒル著/平湊音訳

ダンヒルといえばライター。ダンヒルの創業者アルフレッド・ダンヒルの末娘であり、経営者として、ダンヒルが「タバコ屋さん」から世界的ブランドへと展開するのに立ち会った著者。本書を通して、19世紀末から20世紀を通しての英国・ロンドンの変遷が伺えました。産業構造の変化、社会的な制度・意識の変化、伝統的な価値観・家族観の変化…。馬車が走っていた時代から、二つの大戦を経て、本書が執筆された1979年へと続く物語は、さしづめ英国から見た近現代史のひとつといえそうです。

女性が経済的に自立するということ。事業を継ぎ守り伸ばしていくこと。この時代の働く女性としての視点ではもちろんありつつ、ダンヒルの娘だったからこその仕事観・家庭観が伺えます。子ども時代も仕事をするようになってからも、特に私生活ではずっと順風満帆であったとは決して言えない環境ながらも、ポジティブな姿勢を保ち続ける強さ。その根底には「ダンヒル家の一員である自分」への誇り、信頼感・肯定感があったのだろうと感じました。

煙草はじめ主に男性向けの嗜好品からブランドをスタートした会社。世界展開していくにあたり、その命運を握る一人であった女性が語るダンヒル家のお話は、華やかながらその影も色濃く感じました。とくに事業を始めた張本人である著者のお父さんアルフレッド・ダンヒル氏にとって、事業が大きくなることが必ずしも幸福につながらなかったのが、切ないかぎりです。終盤で著者が「家族経営の店が、国際的なマーケティングを行い、すべての資本主義諸国で商品を売るような企業になる必要があったのでしょうか。そもそも、これは望ましい発展なのでしょうか。」と書いている、その問いが常に胸中にあったのでしょうね。個人の美意識や発想に基づき、職人の優れた技芸が実現するクオリティと、その対極にある大量生産。前者で支持を得た事業が、それを大きく広げようとしたときに必ずぶつかる矛盾と葛藤のストーリーでした。

『ダンヒル家の仕事』(未知谷)メアリー・ダンヒル著/平湊音訳

銀座2丁目にあるというダンヒル銀座本店。次回上京時に、その美意識と技術に触れるために覗いてみようかな、と思います。