選書ツアー2022@博多丸善。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

選書ツアー2022@博多丸善。

毎年楽しみな、カメリアステージ図書館の選書ツアー。今年も参加することが出来ました。これまでに参加した選書ツアーはすべて、博多の紀伊国屋書店さんでしたが、今年度は初の丸善さんでの開催でした。参加者は、募集定員の5名ちょうど。毎回、希望者が少ないと司書さんが告知にご苦労なさっていましたが、ようやく図書館イベントとして定着してきたのかもしれません。

丸善さんは本を買いに行くのと、文房具を買いに行くので、大好きな場所のひとつです。紀伊國屋書店同様、博多駅近く(というか、真上)にありますので、博多に出たときはしばしば立ち寄る場所です。勝手知ったる店内。のつもりでしたが、選書ツアーとなると、少し視点が変わるのが面白いですね。あらためて売場の配置を確認する機会にもなりました。

今回のわたしの選書は、先月お話を聞いたばかりのブックディレクターさんのアドバイスを生かそうと決めていました。いわく、選書の際は、具体的に「誰に読んでもらいたいか」を決めて、その人に届けるつもりで選ぶということ。

そう心掛けた結果、これまでは「表紙買い」よろしく、直感的にバンバンと選んでいたのですが、ちょっと手順が変わりました。すなわち、表紙が気になる→中身をパラパラと読んでみる→想定した相手に合いそうと確認出来たら、選ぶ。この方法で選んでいった結果、所要時間の1時間はあっという間に過ぎました。これまでは毎回20冊近くの本を登録していましたが、今回は9冊と、約半分に。こんなにも変わるものなのだと、我ながら驚きです。

選書した本は、このあと司書さんがさらに選書して、選書者一人あたり3-5冊が新たに図書館の蔵書として加わることになります。蔵書として入る前には、おススメする本のポップを選書者本人が作るのも、楽しみな仕事です。

読書『利休の闇』(文藝春秋)加藤廣著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『利休の闇』(文藝春秋)加藤廣著

利休関連の小説といえば、山本兼一著『利休にたずねよ』を読んだのが、約5年前のことでした。

本書『利休の闇』は、2015年発刊。存じ上げなかったのですが、著者の加藤廣氏は、丹念な史資料精査と独自解釈が人気だそうですね。「丹念な資料精査」の片りんは、本書内で千の宗久、宗及らによる茶事記録などを多数引用しているところからも伺えました。

宗易(利休)の秀吉との出会いから切腹までのお話です。信長から秀吉の時代へと、秀吉が成りあがっていくなかで、お茶がどのように位置づけられていたのか、戦国時代の茶道と政治の関係があからさまに描かれています。「遊びに過ぎない」はずであったお茶が、政治の道具としてその姿を変えていくさまは、なんとも切なくもありました。

それにしても『利休にたずねよ』のときも思ったのですが、この手の小説を読むほどに、宗易(利休)の人間らしさが印象に残ります。人間らしさといえば聞こえは良いものの、言い方を変えれば「遊び好きで好色で権威欲がある」一人の姿。小説とはいえ、完ぺきな師とは言い難い姿に、「なんだ、そうだったのか」と、ちょっとホッとします。

本書内のエピソードでもっとも「へぇ~!」と思ったのは、宗易から利休へと改名を命じられた「利休」の名の由来でした。真実か否かはわかりません。でも、不本意ながらの改名でも、その後の歴史のなかでは多くの人に改名後の名前で愛されているのですから、それを知ったら本人はどんな気持ちになるかな、と思いました。

利休さんにまつわる本は、茶道の指南書関連のものを読むことが多いのですが、こういう小説をたまに読むと、また視野が広がるような気がいたします。

桐箱、撮影、リスト作成、梱包、インボイス作成、発送。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

桐箱、撮影、リスト作成、梱包、インボイス作成、発送。

ロンドン個展に向けて、ひとつひとつ必要事項を確認しながらの作品発送準備です。

まずはそれぞれの作品に合わせた桐箱のサイズ計測と納品が9月中旬に完了。いつもながら、お世話になっている株式会社増田桐箱店の担当さんのおかげでスムーズに進みました。箱の形(中身の配置)、ゆとり(隙間)の取り方など、こちらの意図を理解してくださっているため、任せて安心です。

そして昨日は作品写真の撮影。こちらもいつもお世話になっているabc picturesの赤司憲壕さんにお願いいたしました。これまでは花祭窯で撮っていただいていましたが、今回は磁器作品に加えて書画作品もあるため、セッティングの変更がしやすいスタジオでの撮影です。神経を使う対象物(ワレモノなので)ですが、テンポよく撮ってくださり、無事に完了。

信頼できるプロフェッショナルが身近にいてくださるおかげで、少々緊張を強いられる仕事もつつがなく進んで行きます。恵まれていますね。ほんとうにありがたいです。物流会社さんに委ねるまでに、残るは自分たちですべき仕事のみ。

Sladmore Contemporaryと、作品の発送・到着スケジュールについて確認をしつつ、進めます。あとは作品リストを完成させて、完璧な梱包をし、インボイス等輸出書類を揃えたら、発送できます。世界情勢的に、物流に少し時間がかかる状況はまだ続いているようなので、一日でも早く出荷したいところです。最後の詰めを怠らないよう、がんばります。

読書『世界はさわらないとわからない』(平凡社)広瀬浩二郎著

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『世界はさわらないとわからない ユニバーサル・ミュージアムとはなにか?』(平凡社)広瀬浩二郎著

博物館学芸員技術研修会でお世話になっている広瀬浩二郎先生の最新著書を、偶然見つけました。発行日は2022年7月15日。今年の学芸員研修会「触文化とユニバーサル・ミュージアム」を受講したのが、7月26日でしたので、直前に出ていた著書です。

読みながら、研修会での広瀬先生がおっしゃったこと、語り口がそのまま蘇ってきました。お話を聞き、実技指導を受けたうえでの読書でしたので、理解も深まったように思います。以下、備忘。


  • 失明得暗
  • 得暗によって「できる」ことで勝負していた歴史(がある)
  • 目の見えない者は、目に見えない物を知っている
  • 既存の枠組みそのものを変えるのがユニバーサル
  • 非接触社会から触発は生まれない
  • さわるとわかる=さわらないとわからない
  • 博物館とは見る場所だという固定観念
  • 視覚を使わない解放感
  • 創・使・伝は手を介してなされる
  • 外に伸ばした手は、内へと返ってくる。さわることによって外と内が融合する。
  • 触察
  • 物にさわるとは、創・使・伝を追体験する文化ともいえる
  • なぜさわるのか(作法)、どうさわるのか(技法)
  • 自分の(想像)力で「画」を動かす。
  • ユニバーサル・ミュージアム=誰もが楽しめる博物館
  • 行き方(情報入手法)と生き方(自己表現法)
  • (健常者・障害者ではなく)見常者・触常者
  • 身体感覚を伴わない情報共有は浅薄で危うい
  • 文化相対主義
  • 人々の生活の中で生きている文化
  • (美術品なども)もともとは人々の日常生活を支えるものとして、実用的機能と美しさを併せ持つものであった
  • 生活の中での文化の厚み
  • 陳列棚に入ると生活から離れてしまい、何かが抜け落ちていく
  • (茶道・華道・書道・食文化などの)生活文化
  • 我々の生活から離れた特別なものではなく、生活とともにあるもの
  • 作品の制作・鑑賞は、自己の内面との対話である
  • 視覚を使わない自由
  • (能)花=舞台上の魅力
  • 花と面白きとめづらしきと、これ三つは同じ心なり(「風姿花伝」)
  • 触覚の「美」
  • 目に見えないものをごく自然に受け入れていた江戸時代以前の世界観

『世界はさわらないとわからない』(平凡社)広瀬浩二郎著より


本書前半は、先般の講義のなかで学んだことの復習でした。後半では、各分野の方々との対談やインタビューをもとにした内容が載っていて、これらは広瀬先生の講義のなかでは伺うことのできなかったことでもあり、とても良かったです。

「わたしの外部記憶装置」としてのブログ。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

「わたしの外部記憶装置」としてのブログ。

先日、久しぶりに成毛眞氏の著書『黄金のアウトプット術』を読み返していました。本書のレビューを書いていたのが2018年したので、もうすぐ5年経とうというところ。ツールや手法についての記述はともかく、中心の主張はまったく色あせることがありません。

本書のなかで一貫して言われていることが、「アウトプットをすることが、よりすぐれたインプットにつながる」ということ。このブログ「ふじゆりスタイル」は、わたしにとって大切なアウトプットツールのひとつですが、記事投稿を積み重ねて行くほどに、その真意が実感として理解できるようになってきています。

わたしの、ここでのアウトプットの姿勢は、誰かに役に立つ情報発信であることを意識することなく、自分が読みたいことを書くこと。それは『黄金のアウトプット術』での主張とは異なります。でも、そのスタンスのおかげで、暢気に継続することが出来ているのも事実。いわば自分のための備忘録。年月を重ねるに連れて「ブログ内検索」で欲しい情報を呼び出せる精度はどんどん上がり、「わたしによる、わたしのための辞書」として強い味方になってきています。

もともと何かを覚えておくことが苦手なわたしは、昔から「メモする」「手帳を使う」といった外部記憶を使うことによって、自分をサポートしてきました。ブログは質量ともに規模の大きな外部記憶装置であり、自分以外の誰かの役に立とうという目的を持たないまでも、公開=誰かが読む可能性があることが大前提であることが、メモや手帳とは異なります。当然アウトプットの仕方には、意識的にも無意識的にも第三者への気配りが多少織り込まれることになります。そしてその気配りが、情報としての検索性の高さや客観性にもつながり、後から振り返ったときに、自分にとっても価値を高めることになっているように思います。

あと約半年ほどで、「ふじゆりスタイル」スタートから10周年です。自分のためのアウトプットであるにも関わらず、このブログを起点としたお仕事もちらほら発生しつつある、この2-3年。継続は力なりを感じる今日この頃です。

台風シーズン、長月の花祭窯の庭。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

台風シーズン、長月の花祭窯の庭。

気がつけば葉月が終わっていました。先週はじめに台風が通ったので、花祭窯の小さな露地は「潮」にやられてしまいました。海の近くに住んでいるから仕方がありません。葉っぱが枯れていくのを見ながら切なくなりつつも、人と建物に大きな被害が無かったことをまずは良しとします。

週末になってやっと、庭の草木をきれいにしようという気持ちになり、枯れた葉っぱを取り除いていったところ、下から顔を出していたのが彼岸花の新しい芽でした。この数日で茎がスーッと伸び、今朝ついに開花。秋のお彼岸には数日早いものの、いつもきちんとこの季節に咲いてくれます。毎年、えらいなぁと思っていますが、今年は枯れた草花を刈ってしまったあとで、特にありがたく。

ヒガンバナ

そしてもうひとつ、頑張ってくれていたのが、ザクロ。

柘榴

高く伸びた枝の先についていたザクロの実は、残念ながら折れて枯れてしまいましたが、下の方で潮を浴びなかったものは、無事なものがいくつかありそうです。枯れた枝についていた実を試しに割ってみたところ、これから熟して行く所で、とても食べれる状態ではありませんでした。もう少し時間が必要そうです。今週末はまた台風が近づいているので、なんとか頑張って欲しいなぁと思っています。

潮で枯れた草をはらったあとには、ヤブランの新しい葉っぱなども見えてきました。もう少ししたら紫色の花が咲いてくれるかもしれません。草花の強さに喜びつつ、の長月です。

久~しぶりのお茶のお稽古。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

久~しぶりのお茶のお稽古。

昨日は約1か月半ぶりのお茶のお稽古でした。わたしが入門している茶道南方流は、8月はお稽古がお休みです。コロナ禍を経て、お茶のお稽古が再開したのは3月のことで、やっと頭が「お茶」に切り替わってきたかな、と思いつつあったところで夏休み。

ひと月空くと、またすっかり忘れてしまいます。…と、お点前が身についていない言い訳をしつつ、お茶室へ。見事に忘却したお点前を、辛抱強く伴走してくださる先生に感謝しつつ、なんとかお終いのご挨拶まで辿り着きました。頭で考えることなく体が動くようになるまでお稽古するのが本意と言いながら、その日が来るまでにかかる年月はこれから先いかほどか。

10月は香椎宮での献茶式と野点の茶会、11月には立花実山忌の献茶とお茶会と、秋はお茶会が楽しみな季節でもあります。まだまだお茶をいただく側ですので気楽なものですが、いつかはお献茶もできるようにならなければなりません。しっかりと皆さんのお点前を拝見し、学んでまいります。

『知識要らずの美術鑑賞』開催-備忘。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

『知識要らずの美術鑑賞』開催-備忘。

2022年度の郷育カレッジ講座で開催した『知識要らずの美術鑑賞』のご報告をしたのは、つい先日のことでした。

その後、受講者の皆さまからのご感想が届きましたので、それらを踏まえて、以下備忘。


  • 学芸員の仕事や、どうしたら学芸員になることが出来るのかなど、学芸員や美術館の仕事について知りたいと思っている方も多い。
  • 鑑賞前の作業(絵を描いたりコラージュしたりの作品づくり)は、思いがけなかったという反応とともに、楽しく良い経験だったと好評。
  • 作業→鑑賞で、意欲が高まり、話を聞くのに集中できた、というご反応。
  • 最後に、学芸員による絵の専門的な解説があったのが、さらに満足度を高めた。
  • 複製画とはいえ、実物大の名作に会えた喜び。→美術館での開催を希望。
  • 継続的に参加したいというご要望。

ご参加者約30名の反応は、大きくまとめると上の通り。絵を描いたりの創造的な作業があったことに対しては、思いがけず全員が好意的な反応。作業があったことによって、その後の座学への集中力が高まったという反応は、とても嬉しいこと。

次回以降の鑑賞講座に、たくさんのヒントをいただきました!

読書『あの図書館の彼女たち』(東京創元社)ジャネット・スケスリン・チャールズ著/高山祥子訳

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

読書『あの図書館の彼女たち』(東京創元社)ジャネット・スケスリン・チャールズ著/高山祥子訳

巻末の「著者の覚書」と「訳者あとがき」を読んで、実話をもとにした小説であったことを知りました。登場人物も、実在した人物が実名で登場していて、そこにフィクションの登場人物が加わっています。事実がより伝わりやすくなるように、こういう本の書き方があるんだな、と感じました。上の写真は、わたしにとってのシェルターであるカメリア図書館入口にある宣言。

本と、図書館と、図書館を支える人々の物語。第二次世界大戦中、ナチス占領下のパリで開館し続け、常連の市民たちに本を届け続けたアメリカ図書館の物語です。本、図書館、当時の女性が仕事を持つ意味、人種、国、戦争、家族、友情…。考えさせられる要素がそれぞれに重いものでした。

主人公オディールの「でも真面目な話、なぜ本なんでしょう。それは、他者の立場から物事を見せるような不思議なことのできるものは、ほかにないからです。図書館は本によって、違った文化どうしをつなぎます」のセリフが響きました。このセリフだけではなく「本が他者の視点を疑似体験できるツールである」という主題がたびたび出てきます。絶望的な状況での大切な心の逃避先になること、本を通して得た知識が生きていくための糧・武器になること。そしてそれらの本を必要な人に届ける、図書館の存在と、司書をはじめそこで働く方々の仕事の計り知れない価値。人々のシェルターとして働く図書館の存在を強く感じました。

その一方で、「思ったことをすぐに言わないと約束して」「(言おうとしていることがなんであろうと)黙っていて」「誰がそのような(密告の)手紙を書くのか分かった。わたしのような人間だ」などなど、登場人物のセリフにちりばめられた「ことば」に関する忠告が心に刺さります。

もしこのような状況下に置かれたら、自分ならどうするか。どうすべきか、すべきことがわかっても、ほんとうにそのように勇気をもって行動できるか。自分のなかにあるマイナスな要素(保身や妬み)に支配されてしまうのではないか。ずっと問いかけられているような気がしました。

パリのアメリカ図書館を開館し続けた司書たちの勇気をたたえる本、と一筋縄ではくくれない本でした。世界に不穏な空気が広がりつつある今、一人でも多くの人に読んで欲しいし、わたし自身繰り返し読みたい本です。そして次回パリに行く機会があれば、今なお快感を続けているアメリカ図書館に足を運びたいと思います。

インボイス制度とか、電子帳簿保存とか、電子商品券とか、いろいろと。

こんにちは。花祭窯おかみ/アートエデュケーターふじゆりです。

インボイス制度とか、電子帳簿保存とか、電子商品券とか、いろいろと。

先日は、経理&総務担当者モードの一日でした。「つくる仕事以外すべて」の雑多な分野を担当業務にもつ花祭窯おかみとしては、気分が向くときにその分野の仕事をするのが一番はかどります。けれども、やらなければならないのに気分が向かないときも少なからずあり。そういうときは、外部の皆さんの手をお借りして意識を切り替えるのが一番です。

というわけで、お取引先の信金さんと商工会を梯子してまいりました。まずは信金さん。お取引をはじめて最初の担当者になってくださった方が、数回の転勤を経て7年ぶりに担当支店に戻ってこられたので、ご挨拶に。佐賀から工房を移転し、新しい環境で事業を軌道に乗せるまでの苦しいときに、弱小のわたしたちを支えてくださった方です。彼が異動のあいさつに来られたときに「偉くなって戻ってきてね、うちもそのときまでにお得意様と呼んでいただけるように頑張るから」と言ったものでした。その彼は、言葉通りに偉くなって戻っていらっしゃり、一方うちはまだまだで、頭が下がるばかり。

続いては商工会さんへ。インボイス制度や市の電子商品券など、夏以降立て続けに、諸々の説明会を開催してくださっていたのでした。タイミングが合わず参加できなかった説明会の資料をいただきに。資料をいただきつつおしゃべりをしていたら、税務の「個別相談」スケジュールが空いているからぜひいかがですか、ということで、インボイス制度については税理士さんに個別具体的にご相談することに。以前にもインボイス制度で「個別相談」を利用しておりましたので、「2回目ですが構いませんか?」と伺ったところ、「大丈夫です!」ということで。助かります。その後、いつもお世話になっている担当の経営指導員さんから、経営革新計画承認事業者への補助金関係の情報を頂き、実の多い商工会訪問となりました。

信金でも商工会でも、それぞれに宿題をいただきました。自分だけでは後回しがちになる仕事も、外の人との約束となると、モチベーションが上がります。おかげさまで、それらの宿題を起点に、進めるべき仕事に手を付けることが出来ました。